不動産手数料が無料になる理由

不動産手数料が無料になる理由

不動産手数料というのは、不動産を購入または売却その他賃貸借をした時に、その紹介業者に支払う手数料のことです。

今回紹介するのは、不動産手数料が無料ないし格安の業者ですが、私は不動産手数料が悪だと思っているわけではありません。

まず、「手数料」の意味について考えてみましょう。

あなたが、不動産の(潜在的な)買い手や売り手であったとして、どのように取引相手を見つければいいのでしょうか。

もちろん、仲介業者を用いずに自分で探す(あるいは向こうから来るまで待つ)ことも可能です。

ただ、このやり方の欠点は「手間と時間がかかりすぎること」です。

特に売却の場合、相手を間違うと「足元を見られる」ことになりかねません。

業者に依頼した場合は、あなたにとってより有利な買い手を見つけてくれるでしょう。

その対価が手数料なのです。

ただ、この不動産手数料が結構負担になるのも事実。

そこで業者は、取引相手の一方が業者の場合そこからのみ手数料を徴収することにしたのです。

ですから、手数料無料でも全く不自然はありません。

業者を不動産手数料で選ぶ方法

「只より高い物はない」とはよく言ったもので、これはありとあらゆる買い物・サービスに妥当します。

ただ不動産手数料の場合、若干事情が込み入っています。

まず前提事情を説明しますと、最近不動産業界では競争が激化しています。

そうすると、企業は生き残るために人件費・広告費などを削減します。

インターネットの活用などもその一環ですね。

ですから、不動産業者を探す場合「その手数料の安さ」に着目してみるのも面白いと思います。

もちろん業者はどこかで利益を出さなくてはなりませんから、不動産手数料無料(ないし割安)の背景には実は裏設定があるのですが、その理由は私たち消費者にとって無害なので省略します。

気になった方は調べてみるとよいでしょう。

さて、いくつか業者を絞り込めたでしょうか。

そのあと気を付けるべきことは、当該業者の「信頼性」を確かめることです。

不動産取引では、とにかく慎重で正確な手続きが必要です。

当然信頼できる業者に任せるのが必定です。

不動産手数料を節約する意味

このように書くといかにも「楽して」不動産取引をすることを推奨しているように見えるかもしれませんが、そんなことはありません。

不動産取引は、現代社会を構成するきわめて重要な行為です。

その証拠に不動産にまつわる国家資格は無数にあります。

弁護士、裁判官は言うまでもありませんがそのほか司法書士、行政書士、そして宅建と、法律家=不動産取引といってもよいくらいのバリエーションですね。

つまり、不動産取引にはそれだけの知識、手間が必要とされているのです。

これをすべて取引当事者個人が問題なく行うことは困難を極めます。

だからこそ、不動産業者が利用されるのです。

ただ、そうはいっても不動産手数料はなるべく安く抑えたいもの。

実際、取引対象の不動産が効果であればあるほど不動産手数料は高額になります。

もしもあなたが業者の場合は、ある程度の支払額は念頭に置いておく必要があります。

尤もここを見られているのはたいていが個人の方でしょうから、不動産手数料を抑えたければ、これを無料ないし格安にしている業者を探すべきです。

No Comment

Leave a Reply

Sorry, comments are closed.